日本赤十字社 神戸赤十字病院

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
代表
078-231-6006
予約センター
078-241-9273

交通アクセス

電話する
tel
menu

各部

医療社会事業部

  1. TOP
  2. 診療科・部門
  3. 各部
  4. 医療社会事業部

医療社会事業部

医療社会事業課

ソーシャルワーカー(医療社会事業室)

医療社会事業係とは、ソーシャルワーカー部門の名称です。医療機関に属するソーシャルワーカーは、社会福祉の立場から、病気にともなっておこってくる生活上のさまざまな問題について相談をお受けする専門職です。
当院では、社会福祉士資格を持つソーシャルワーカー5名(内2名は精神保健福祉士資格あり)で、神戸赤十字病院と兵庫県災害医療センターの計340床の入院患者さんと、外来患者さんや地域の方々のご相談に応じています。

地域医療連携室(地域医療連携係)

平成15年8月、病病・病診連携等が効果的に行えるよう地域医療連携室を設置し、並びに効率のよい医療サービスを提供できるよう予約センターを開始しました。
2年後の平成17年には紹介率は62%越え、逆紹介率は57%を超え、翌年度末には、兵庫県から地域医療支援病院の承認をいただきました。県内では、県立淡路医療センターについで2番目、二次医療圏である神戸医療圏は初めての承認施設です。連携医の先生方とは『HAT神戸クロスネット』(WEB連携システム)により診療情報の共有を行い、医療の質の向上、並びに安心で安全な医療の提供に努めております。
患者さんの立場に立った患者さん中心の医療を心掛け、救急医療や高度医療機器の共同利用、地域の医療従事者のみなさんへの研修会等を積極的に開催するなど、神戸医療圏初の地域医療支援病院としての支援を全うするため努力を続けております。

社会課

社会係は、赤十字社の使命である災害救護関係の業務をメインに日常業務を行っております。
平時は日本赤十字社兵庫県支部と連携し、災害救護訓練(研修会)、救護資器材の管理、さらには赤十字救急法、赤十字水上安全法等の講習会業務を管理運営しています。
また病院へのボランティアの方々の受け入れも行っており、奉仕活動に協力しております。
これらの業務を通じて、災害発生時には早急な救護活動が開始できるよう日々努めております。

スタッフ紹介

医療社会事業部長 兼 感染制御チームリーダー岡本 貴大(おかもと たかひろ)

卒年平成6年卒
所属学会・専門資格等日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
外科周術期感染管理認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
社会医学系専門医・指導医
日本医師会認定産業医
日本赤十字社兵庫県支部災害医療コーディネーター
兵庫県災害医療コーディネーター