日本赤十字社 神戸赤十字病院

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
代表
078-231-6006
予約センター
078-241-9273

交通アクセス

電話する
tel
menu

当院について

医師、看護師の業務負担軽減の取り組み

  1. TOP
  2. 当院について
  3. 医師、看護師の業務負担軽減の取り組み

医師、看護師の業務負担軽減の取り組み

神戸赤十字病院では、医師、看護師の業務負担の軽減及び勤務環境改善のため、
以下の取り組みを行っております。

当院の勤務医における業務負担軽減の取り組み <令和元年度>

項目具体の項目
業務分担による
負担軽減
看護師造影剤静脈注射の実施(IVナースの育成)
認定看護師によるがん相談、がん患者指導の実施
患者・家族への説明
看護師・MSW退院日の調整、退院困難事例への関与・調整
薬剤師①抗がん剤ミキシングの実施
②服薬指導の実施
③薬剤情報の提供
放射線技師MRI造影検査における抜針業務
臨床検査技師①検査手順の説明
②入院患者の早朝採血検査の実施
臨床工学技士医療機器の管理、医療機器使用時のサポート
事務職員外来診療支援センターの設置
医師事務作業補助者の配置医師事務作業補助体制加算20:1に相当する数の医師事務作業補助者を配置
短時間正規雇用の医師の活用①短時間勤務、②パート勤務の制度の中から、
部門の状況に応じた適切な任用実施
地域の他の
医療機関との
連携体制
地域医療連携パスの導入地域医療連携パスの適用拡大により、地域医療機関への円滑な引継を推進
軽症患者等の逆紹介の推進及び
紹介患者の受入強化
紹介率65%、逆紹介率40%の維持・向上
外来縮小の取り組み紹介のない初診患者の限定、紹介患者の増加により、外来診察の負担を軽減
勤務計画上、連続当直を行わない勤務体制の実施当直勤務シフトの作成
当直翌日の業務内容に対する配慮当直翌日における業務内容配慮
予定手術等の術者の当直、夜勤に対する配慮予定手術等を考慮した当直勤務シフト等の作成
その他クリティカルパスの適用拡大パス適用範囲の拡大による、指示だし等の省力化
育児等への負担軽減女性医師など育児負担のある医師の勤務環境を整備

当院の看護師における業務負担軽減の取り組み <令和元年度>

項目具体の項目
業務分担による
負担軽減
薬剤師薬剤師による入院患者の持参薬鑑定
リハビリ職種リハビリ時における看護補助
臨床検査技師検査技師による外来採血の実施
臨床工学技士臨床工学技士による患者装着中の人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ作動状況の点検・整備
事務職員入院受付業務、入院案内等各種手続き
看護補助者の
配置
配置数の拡充7:1病棟において必要な看護補助者数を配置する
配置時間帯等の拡充全病棟での遅出勤務者配置、休日配置
短時間正規雇用の看護職員の活用①短時間勤務、②パート勤務の制度の中から、
求職者自身や部門の状況に応じ、適切な任用の実施
多様な勤務形態の導入業務内容、職員のニーズに応じた多様な勤務形態の導入
妊娠・子育て中の看護職員に対する配慮①妊娠・出産に係る休暇・休業制度の運用
②勤務時間への配慮
③子育て環境の整備員の代替職員の確保
その他離職防止対策中途退職が生じることによる業務負担増加を防止するため、
①若手職員に対する相談体制を整備
②メンタルケアのための体制整備