日本赤十字社 神戸赤十字病院

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
代表
078-231-6006
予約センター
078-241-9273

交通アクセス

電話する
tel
menu

医療関係者の方へ

外来化学療法に関すること

  1. TOP
  2. 医療関係者の方へ
  3. 外来化学療法に関すること

外来化学療法に関すること

外来化学療法に関する情報連携について

外来がん化学療法では、患者さんご自身またはご家族による副作用マネジメントが必要となるため、患者さんが治療について十分に理解し、安心して治療を受けることができるように支援する必要があります。
当院では、経口剤単独治療を含む外来がん化学療法を受ける患者さんに対して、初回治療時から継続して薬剤師が面談を実施し、有害事象の評価、アドヒアランスの確認等を行っています。また、支持療法(副作用対策)の提案、臓器障害時や副作用発現時の抗がん薬の減量または投与延期等の提案を、各種ガイドライン、論文、各抗がん薬の適正使用ガイド等を参考に科学的根拠に基づいて行っています。
昨今の外来がん化学療法では、経口抗がん薬が幅広く使用されています。そこで、施設間の連携強化を通じて、がん患者さんに対して、より安全で質の高い医療を提供するために当ページを設けました。相互に有益な情報交換ができればと思います。

地域医療機関の方からの情報受付

トレーシングレポートの受付
FAX:078-241-9312

※ 緊急性のある場合は、電話連絡または患者さんより外来化学療法ホットラインに連絡してください。

外来化学療法ホットライン
平日8:30~17:00 078-231-6006(代表)
上記時間以外の時間帯 078-241-9295(救急受付)

保険薬局の方からの相談受付

不明なレジメンや副作用の対応などの化学療法に関する素朴な疑問に可能な範囲でお答えします。
ただし、患者さん個々の対応方法についてのご相談はお受けできません。

抗がん剤治療に関する相談受付(保険薬局対象)
メールアドレス:kobe-yakuzai@kobe.jrc.or.jp

がん化学療法に関する研修会について

  • 令和3年7月29日(木)18:30~19:30 令和3年度神戸赤十字病院外来化学療法研修会(Web開催)
    ※ 終了いたしました。ご参加いただきありがとうございました。

当院の外来化学療法レジメン

婦人科疾患レジメン
卵巣がん・子宮体がん・子宮頚がん・子宮内膜がん・肉腫 等

CBDCAベース併用療法 その他併用療法 単剤 Bevacizumab単剤・併用 放射線併用

造血器疾患レジメン

多発性骨髄腫 悪性リンパ腫

その他疾患レジメン

MSI-High疾患レジメン