日本赤十字社 神戸赤十字病院

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
代表
078-231-6006
予約センター
078-241-9273

交通アクセス

電話する
tel
menu

地域医療連携

地域医療連携室のご案内

  1. TOP
  2. 地域医療連携
  3. 地域医療連携室のご案内

地域医療連携室のご案内

平素は、当院との病診連携・病病連携にご協力いただきありがとうございます。
当院は開院以来、急性期病院としての機能を果たすべく、病状の安定した患者さんはかかりつけ医で、急病、検査等は当院でという方針を掲げ、かかりつけ医との連携強化、患者さんへのご理解を図っております。
当院では、急性期の患者さんに対しては、消化器内科・放射線科・外科、循環器内科・心臓血管外科・放射線科、呼吸器内科と呼吸器外科、脳神経内科と脳神経外科など、各診療科の垣根を超えたセンター化により、スムーズな院内連携による最善の医療を提供しております。
また患者さんに一貫した良質な医療を提供するために、地域連携パスにも取り組んでいます。
平成19年3月27日付で、地域医療支援病院の承認を受けました。二次医療圏である神戸医療圏では初めての承認施設となります。当院が神戸医療圏で地域医療支援病院として役割を果たしていくことの責任の重大さを感じています。職員一同、地域医療機関の先生方をはじめ、患者さんに十分に満足のいく医療を提供できるよう心掛けております。
今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

地域医療連携室の基本方針

  • 地域の医療機関と連携し、患者さんの医療情報の共有化により一貫した医療の提供が行えるように努めます。
  • 地域の医療機関との機能分担を目指し、「病診連携」 「病病連携」の強化に努めます。
  • 地域の医療機関との医療連携パスの構築と、積極的な活用を目指します。
  • 医師をはじめ医療スタッフの生涯教育の場を提供します。
  • 地域に開かれた病院を目指し、講演会、健康教室などの開催により積極的に地域との関わりを持つよう努めます。

神戸赤十字病院はかかりつけ医との緊密な連携のもとにみなさんの健康をお守りします

当院では、診療所との連携による診療体制を推進しています

患者さんの症状にあわせた医療を提供するため、当院とかかりつけ医が機能分担して、みなさんの健康を守ります。
普段の診療や健康管理はかかりつけ医が行い、専門的な検査や入院治療は当院が行います。また、病気が悪化したときや、急病になったときはいつでも当院で診察いたします。

当院では、多数の連携医(かかりつけ医)の先生と連携しています

当院では、多数の連携医の先生や診療所の情報をご覧いただけます。
かかりつけ医をお持ちでない方には、あなたに合ったかかりつけ医をご紹介いたします。
また、神戸市医師会在宅医療システムにより在宅医もご紹介します。主治医または地域医療連携室にご相談ください。

「紹介状」が果たす大切な役割

かかりつけ医の「紹介状」には、患者さんの病状や検査の結果等の情報が記載され、これにより、当院では患者さんに最適な治療をいち早く提供することができます。また、再び診療所で治療を受けられる際には、当院での治療内容を伝える役割を果たします。
このように、紹介状は当院と診療所を結ぶ大切な情報源として役立っています。

当院を受診の際は、かかりつけ医の紹介状をお持ちください。
紹介状をお持ちいただくと、選定療養費(5,000円:税込)が免除されます。

当院の地域連携病診連携システム

入院・検査・診察予約等、医療連携について

神戸赤十字病院 地域医療連携室
平日8:30~19:10/土曜日8:30~12:30(祝日を除く)
TEL:078-241-9261(直通)
FAX:078-241-9265